研究会について

 海洋エネルギーは先史時代から水車の動力として利用され、近年では潮流や波力の運動エネルギーから電力に変換する発電装置の研究開発が進められています。海洋エネルギーはエネルギー密度が比較的小さく、効率よく安定した電力を得るためには発電装置の規模、形状、構成、耐久性および制御方法等を研究しなければなりません。さらに発電装置の普及には設置場所、送配電線網および電気事業法等を考慮する必要があります。
 本研究会は東京大学が中心となり、海洋エネルギーに興味を持ち進出を考えている企業と共に潮流・波力発電装置の開発を通じ、前述の課題を解決して新産業創出を目指します。研究会は神奈川県平塚市の海岸において新型波力発電装置の実証実験計画を実施する「平塚波力海洋エネルギー研究部会」と、東京大学が有する波力と潮流発電所の実証実験を推進する「海洋エネルギー共同研究部会」の2部構成になります。

1.研究会のロードマップ


図をクリックすると拡大します。

2. 研究会部会

平塚波力海洋エネルギー研究部会

海洋エネルギー共同研究部会